読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人の感想です。

酒とマンガと嵐があればだいたいしあわせ

年末年始のドラマ

鬼平犯科帳スペシャル 浅草・御厩河岸

いまいちつまんなかった…。

元錠前外しの密偵で昼行灯の居酒屋亭主ってテレビシリーズで本田博太郎がやったやつじゃないかな。錠前外しとして腕を振るいたい誘惑と平蔵への恩義との板挟みの苦悩と葛藤の果てにすごくかなしい結末になるお話だったとおもうんだけど。本田博太郎さんの鬼気迫る演技が凄まじい名作なのに。

スペシャルはだいたいふたつ以上の話を組み合わせてることが多いけど、今回のは組み合わせたあげく駄作になってしまったような。見張りの糸はよかったのになー。

吉右衛門鬼平のフィナーレを飾る一作がこんななんて( ;∀;)

おなじみキャスト大集合の同窓会的たのしみ以外見いだせない。それにしては小林さまと酒井さまは名前すら呼ばれないのもせっかく中村又右衛門さんと勝野洋さんなのに意味わかんないし。彦十の穴埋めみたいなとぼけた卯三郎もかなしくなるだけだわ。

今年暮れに放送予定の本当の最後作が良作であるよう祈るばかり。。

 

 

新春ドラマスペシャル 坊っちゃん

やたら訓話的になっててなんかなーってかんじ。

ひたすら偏屈な坊っちゃんが我が道をゆくことで期せずして閉鎖的な田舎社会に風穴を開けることになる、みたいな話じゃなかったっけ。山嵐なんかかなりいい人なのに最後まで胡乱な目で見て心開かないとかそんなとこが坊っちゃんのおもしろさだった気がするんだけど。

青志先生みたいなまとめかたで、あのドラマは大すきなんだけど坊っちゃんでやっちゃだめだろーとおもった。

あと山本耕史は器用な役者さんだなーと改めて。別人にしか見えなくてすごい。

ニノはなにやってもニノだもんね…。ハマったときはいいけど「母と暮らせば」みたいのはそわそわなる><予告しか見てないけど。

 

 

たのしみにしてたけどなんか両方がっかりだった…。